向井メンタルクリニック

メンタルヘルス徒然草

2011/8/20 土曜日

「あんたのパンツいつまで洗うの」?!

「あんたのパンツいつまで洗うの」?!強がって息子の前では、そう言ってはいたが、いざ息子が家を出ていってしまうと、寂しさが一気にこみ上げてきた。そしてなぜか無性に腹が立った。泣いた。涙は熱かった。
子供が小さい頃、主人が逝った。女手ひとつで、ここまで育てた。「子供のため、子供のため」だけを考えてきた。苦労もあった、大学も卒業させ、一流会社に入社、とにかく一人前に、一人前に、と思ってがんばってきた。いざ一人前になって就職で社会人、親元を離れてのお勤め、もう息子のパンツは洗えない。
・・・・・・しかも、これからは息子のパンツは彼女が洗うらしい!!フム!!!
何か気が抜けた。息子がいるときは「暑苦しいな」と思っていたが、いざいなくなると、一人きりのマンション、仕事で疲れて帰って「ただいま~」パチリと自分で部屋の電気をつける。家の中の空気の温度が下がってしまった。

本当に、鳥の雛が飛び立った後の「空の巣」・・・・・・・とりあえず、さびしい。

 ここで、男の下着を洗ってくれる女性の話をいくつか。

昔話の「鬼のふんどしを洗う女」

  あるとき、仲のよい男と女がいた。そこへ、鬼がやってきて、男を痛めつけた挙句、女をさらっていった。何とか助け出さねば。男は女を取り返すため鍛えた。空手、柔道、・・・・鍛え、鍛え、鍛え上げた。そして鬼の下へ・・・・。なんとさらわれた女は、のんびりと川で鬼のふんどしを洗っていた。女いわく、「だって仕方がないじゃない、いまさら」。女性の「環境適応性のよさ」の話か。

坂口安吾の小説に出てくる「青鬼の褌(ふんどし)を洗う女」

   堕落じゃなく、この人は「自由奔放・変幻自在に生きる女」でしょう。

 よしこさん、この10何年、「お母さん よしこ」として一人でがんばってきました。ご苦労様! また、旧姓の「××よしこ」に戻りましょうか。
男の下着を洗う女性は、「環境適応性」がよいのであります。そして「自由奔放・変幻自在に生きる女」であるのですから。

 

 

 

 

 

 

 

2010/8/17 火曜日

患者さんに笑われる

また、患者さんに笑われてしまった。 

私の診察室からは、大きな笑い声がよく聞こえると昔から言われたものである。多くは患者さんと一緒に笑ってしまう。今回も私は笑われてしまった。しかも妙齢のお嬢さんにである。

よしこさんは、大手企業にお勤めになって、ほぼ1年仕事にも慣れて少し自分の時間を作ろうと、昔習っていたピアノをまた習い始めた。ところが、その先生の前に行くとカチカチになって手が震えてしまって、ピアノどころではない何とかしてほしいということでおみえになった。処方はほとんどなし、安心させるため、緊張したら使ってくださいと、頓用(困った時に使うこと)で安定剤を処方した。

例のごとく、逆説志向を行うことにして。「一度ここで震える練習をして見ましょう。私もしますから」と、よし子さんとともに、一緒に大きく震えながらピアノを弾く格好をした。なんと、彼女は全く震えていないのに気づいた。私は大真面目な顔をしながら、何とか彼女によくなってもらおうと、手の震える「名ピアニスト」を演じて見せた。我ながなかなかよく出来た演奏であった。

が!しかし、なんとなく彼女は、私を見ながらニヤニヤと笑っているのである。おかしいな~と思いながらも演奏は続いた。

2回目の来院「やっぱりピアノうまく弾けませんでした」とのこと。おかしいな~。私としては十分に彼女に効果があった自信があったのに・・・・

彼女いわく「違うんです、震えて弾けなかったんじゃないんです、先生(私のこと)の手の震える「名ピアニスト」が思い出されて笑ってしまってレッスンにならなかった、でも以後は楽しくピアノレッスンに行っている」とのことである。

「フム!!! なんということか!!!フム!!! 私の名演奏を!!!」 

治療2回で卒業!!! 2回目は、彼女は私を笑いに来ただけ・・・・複雑な気持ちヤネ!!!
まあいいか。彼女が楽しくピアノ楽しんでくれれば、私の任務は達成されたわけであるから。

ご本人の了解をいただいたうえ、ご本人と同定できない程度に改変してあります。

次のページ »

Powered by WordPress ME