向井メンタルクリニック

メンタルヘルス徒然草

2016/9/2 金曜日

#23 不眠とアルコール

Filed under: 1.診断の重要性について — mukai @ 10:38:49

ある会社の社長さん。

「寝付きはいいが何回も夜中に目がさめる」とのことでお見えになった。睡眠薬なども他院でもらったがもう一つということであった。

ヨ〜〜クヨ〜〜クお話を伺うと、仕事の関係で、パーティーが多く、どうしてもお酒を飲まなければならない。御本人は、お酒に弱く、頑張って慣れるために好きでもない酒を飲んできた。友人などに酒を飲んで寝たら良いと言われ頑張って飲んできた。最近、特に寝むれないので、やってきた。

この人にも3日でいいから禁酒をお願いした。それでまだ症状が続くようなら睡眠薬の薬にしましょうと提案した。この人も怪訝な顔で何故薬を出さないか?と聞く。

うまくいけば薬なしで

一日目、そんなに変わらないですよ。

二日目、チョット体の軽さ感じますよ、その晩くらいから、よく寝れますよ。

三日目、治りますよ。

それでダメなら睡眠薬、出しましょう、と約束した。

心配というので、少量の睡眠薬を処方した。なんとなく不満そうにその日は帰って言った。

後日、この人の個人秘書さんという人から連絡があり、処方された睡眠薬もなしで、言われた通り、よく寝れているとのお礼の報告があった。

このようなお立場になられると、秘書さんを、通じて結果を報告いただけるのだと、また逆にこのようなお気遣いをする人であるからこのお立場になれたのか、と、ご本人の配慮に感心した。

お酒には血中濃度に関連して興奮期が訪れるため、睡眠の質は悪くなるのである。お酒を飲むと、最初は興奮して騒ぐ、もっと飲むとアルコールの催眠作用で眠くなる。当然体内に入ったアルコールは代謝されて興奮をもたらす血中濃度の時期が、覚めてゆく過程でもあり、眠りは浅くなる。

酒飲みで、不眠でお困りの方、一度でいいからおさけを三日やめてみることを試されたい。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

Powered by WordPress ME